島田荘司 on line
on line top Weekly Shimada Soji top
頑張れ!石岡君
石岡君、年末の格闘技大会に出る 6 「石岡君、年末の格闘技大会に出る」6 優木麥 石岡君、年末の格闘技大会に出る 6

   
…
目の前に暴君竜がいる。
 小山のような巨体に、殺気を漲らせた目を光らせて立っていた。どういうことか。いつの間に自分はリングに上がらされたのだろう。結局、大塚は間に合わなかったのか。私は周囲を見回す。目が数え切れないほど並んでいた。一様に語っているのは、私がどんな風に料理されるのか、その行方を知りたいという興味だ。
「ようやく二人きりになれたな」
 暴君竜の口からこの世のものとは思えない叫びが発せられる。まるで地の底から響いてくる魔王の声だった。
「ぼ、ぼくは……」
 恐ろしさに身がすくんだ私は言葉が出てこない。
「あれだけ大言壮語を並べたんだ。覚悟しろよ」
 暴君竜が一歩ずつ前に出る。獲物を前にした肉食獣のように興奮して迫ってきた。
「選ばせてやる。どっちの腕から折ってほしい。右か、それとも左かい」
「できれば……左…」
 右腕では執筆作業に差し障りが出る。そんなことを考えている余裕はない。どちらもイヤに決まっている。腕を折られるなんて断固拒否する。もう構わない。大声をあげてカミングアウトするしかない。なぜなら……。
「ぼくは、ミステリーマスクじゃないんですぅー!」
 しかし、暴君竜の歩みは止まらなかった。
「そんなマヌケなマスクを着けてるヤツはこの世に一人しかいねえ」
「で、でもぼくじゃない。ぼくはミステリーマスクじゃないんだー!」
 自分で自分の叫びによって目覚めた。気分が落ち着いてくると、自分のいる場所が、まだホテルのスイートルームだと気づく。ソファでうたたねをしてしまったらしい。顔は汗でビッショリだった。
「悪い夢をごらんになったんですね」
 テーブルの上のノートパソコンで作業をしている若宮が笑った。『ビッグバン・バトル』のプロデューサーの溜来の秘書で、私の監視役である。
「うん。まだ覚めてないみたいですけど……」
 私は本音を漏らす。先ほどの悪夢からは目が覚めたが、現実世界においてもミステリーマスクを演じつづける悪夢からは逃れられていないのだ。
「もうすぐ計量の時間です」
 若宮の口調は事務的に聞こえる。朝の会食で溜来からは大塚が間に合わなかった場合、私がミステリーマスクとして計量することを依頼されていた。
「ぼくはどれぐらい寝ていたんだろう」
 時計を見ると、2時を回ったところだった。1時間と少しの睡眠だ。
「大塚君からはまだ連絡がありませんか」
「はい……」
 やはり若宮の返事は事務的だ。私は胸の奥からせり上がってくる不安を必死で押さえつける。まだ試合開始までは5時間以上ある。いや、ミステリーマスクの試合はメインイベントなのでさらに2時間ほどの余裕を見ていいだろう。7時間あれば博多までだって行ける。大坂まで往復することも可能だ。大塚は帰って来る。何度も自分にそう言い聞かせた。


「あっ、ミステリーマスクだ!」
 ビッグバン・バトルのスタッフに囲まれ、ホテルのボーイの手引きによって人目の少ない形で外に出ようとしたが、ホテルの外でファンに見つかってしまった。
「わー、サインしてください!」
「今日の試合、絶対に勝ってー!」
 一人の叫びが呼び水になり、次々と人が集まって、私達は身動きが取れなくなる。
「下がって。選手を通してください」
 若宮やスタッフが金切り声を上げるが、興奮した人々はなかなか離れない。
「サインはできません。選手は移動中です。下がってください」
「何だよ、サインしてくれよー」
「握手、握手してー!!」
 携帯電話の撮影や、差し出される色紙に私はどう対応していいかわからない。第一、私はミステリーマスクではないのだ。
「車の用意が出来てます。道路まで、あと少し」
 若宮が私の耳元でささやき、前後左右をガードするスタッフが私を一歩でも前に進めていく。彼らは自分が先導している相手が本物のミステリーマスクではないと知っているのだろうか。いや、この場ではニセモノであっても関係ない。ファンの目がある以上、本物として接しなければならない。
「お願いだよー、ミステリーマスク。アレをやってよー」
 突然、耳に飛び込んできた声に、私は足を止める。“アレ”とは、まさか……。
「ミステリーボーズをやってー!!」
 TVの宣伝の力は恐ろしいものがある。先ほどのPR番組で披露した“ミステリーポーズ”が、すでに浸透しているようだ。最初は一人の声だったが、すぐにこの場のほとんどの人々の大合唱に変わった。
「ミステリー、ミステリー!」
「無理です。選手は急いでますから、すみません」
 若宮がそう叫んで私の背中を押す。促されて数歩を進んだ私だが、ひとつの決意と共に立ち止まった。
「どうしたんです?」
 若宮が避難する視線を浴びせてきた。しかし、私は声援に右手を上げて応える。確かに私は大塚の代理である。ミステリーマスクではない。だが、この場ではミステリーマスクであるのだ。少しでも彼のためになることをする義務がある。
「みんな、ありがとうございます」
 私の叫びに、周囲が手を上げて喜ぶ。大塚でもこの場では同じ事をしたはずだ。ならば、私はそれに従わなければならない。
「応援してもらえたので、今日は絶対に勝ちます。では、いきますよー!」
 私は3本の指を立てた右手を上げる。
「3、2、1、ミステリー!!」
 これだけの大人数でのミステリーポーズは壮観だった。


「ビックリしました石岡先生。おイヤだと思っていたのに意外にノリノリなんですね」
 若宮の言葉には皮肉が含まれていた。ファンの要望に応えて路上でミステリーポーズをしたことが気に入らないらしい。あの後、ようやくハイヤーに乗り込んで、会場である新世紀アリーナに向かっている最中だ。
「いえ、あの…自分でも何がなんだかよくわからないんです」
 本心だった。ただ確実に言えることは、石岡和己では、あそこまで振舞うことは出来ないということだ。ミステリーマスクと言う自分ではない存在だったからこそ、恥ずかしい気持ちが軽減された。
「ファンサービスの悪い選手と思われたら、大塚君に悪いですから……」
「今後は、ああいう場合、我々の指示に従ってください。群集心理は恐ろしいものです。不測の事態を招かないとも限りませんからね」
「わかりました。すみません」
 バツが悪くなった私は車窓から外を眺めた。大晦日の町には、ゆったりとした時間が流れている。そのとき、携帯電話が鳴り出した。着信相手の表示を見た私は、上体を起こす。
「大塚君からです」
「えっ、ホントですか」
 珍しく若宮が感情のこもった声を出す。私はすぐに電話に出た。
「もしもし、石岡ですけど……」
「ああ、先生。遅れてすみません」
 間違いなく大塚の声だった。たった一晩だけなのに、ずいぶん長い間、彼の声を聞いていなかった気がする。
「心配してたよ。腰はどうなの?」
「本当にすみません。師匠が出かけていて、なかなかお会いできなかったものですから。でももう大丈夫です。しっかりと手当をしてもらいました」
「じゃ、じゃあ……」
「これから名古屋を立ちます。もうしばらくお待ちください」
「うん。待ってるよ」
 私の声も弾む。現在、2時半。イベントの開始時間は午後7時。名古屋から駆けつけるには十分すぎる時間である。

つづく つづく
…
TOPへ ページトップへ

Copyright 2000-2005 Hara Shobo All Rights Reserved