ボタン 大東亜戦争全史【新装版】
第二次大戦の日本側戦史の決定版!
服部卓四郎

A5判・1156頁・定価16200円(本体価格15000円)

この本を買う
目次・構成

序 宇垣一成

序 野村吉三郎

自序 服部卓四郎

編者追記 稲葉正夫



第一篇 開戦の経緯

 第一章 歴史的展望

 第二章 第二次近衛内閣の登場と新国策の決定

 第三章 日独伊三国条約の締結

 第四章 支那事変解決の努力

 第五章 対南方施策の進展

 第六章 日米交渉の開始

 第七章 南部仏印進駐

 第八章 独ソ開戦に伴う新国策

 第九章 対米英蘭戦争を辞せざる決意

 第十章 対米英蘭戦争決意

 第十一章 開戦の聖断



第二篇 開戦

 第一章 日本の統帥及び戦争指導機構

 第二章 戦争計画の基礎的諸問題

 第三章 戦争指導計画

 第四章 大本営の作戦計画

 第五章 開戦時の日本陸海軍

 第六章 戦争発起

 第七章 ハワイ作戦――真珠湾攻撃



第三篇 進攻作戦

 第一章 南方攻略作戦の初動

 第二章 中国方面の作戦

 第三章 中南部太平洋方面攻略作戦

 第四章 南方攻略作戦の進展

 第五章 攻略作戦終末に伴う戦争指導

 第六章 外郭要地に対する作戦

 第七章 米機の本土来襲

 第八章 ミッドウェイの敗戦とアリューシャンの攻略

 第九章 防衛態勢の整備



第四篇 米軍の反攻開始

 第一章 ガダルカナル島を中心とする南東太平洋の激闘

 第二章 国力の造成と作戦との調整

 第三章 対華政戦略の変貌

 第四章 ガダルカナル島よりの撤退

 第五章 情勢の進展に伴う対独伊施策



第五篇 前方要域における作戦

 第一章 南東太平洋方面の戦備強化

 第二章 南西方面の戦備強化

 第三章 太平洋離島の戦備強化

 第四章 アッツの玉砕

 第五章 南東方面における敵反攻の激化

 第六章 大東亜政略指導

 第七章 情勢の推移に伴うその後の対外施策



第六篇 絶対国防圏の作戦

 第一章 絶対国防圏の設定とその政戦略

 第二章 新作戦方針に基づく大本営の指導

 第三章 国防圏前衛線の逐次崩壊

 第四章 絶対国防圏の縦深的強化

 第五章 「あ」号作戦計画

 第六章 西部ニューギニヤの作戦

 第七章 マリアナの失陥

 第八章 東條内閣の総辞職



第七篇 大陸方面の作戦

 第一章 イムパール作戦

 第二章 雲南及び北ビルマの作戦

 第三章 大陸打通作戦




第八篇 比島決戦

 第一章 小磯内閣の基本政策

 第二章 小磯内閣の対外政策

 第三章 小磯内閣の国内施策

 第四章 捷号作戦準備

 第五章 比島決戦の概定と台湾沖航空戦

 第六章 レイテ決戦の発起

 第七章 レイテ沖海戦

 第八章 レイテ決戦



第九篇 本土決戦

 第一章 南北両国防圏域の分断と日満華の孤立化

 第二章 大本営の新作戦方針及びこれに基づく作戦準備

 第三章 中国及び南方方面作戦の状況

 第四章 戦争指導上の諸問題

 第五章 硫黄島の作戦

 第六章 沖縄作戦

 第七章 大本営の本土決戦準備

 第八章 主要方面の作戦計画

 第九章 対ソ作戦準備

 第十勝 本土における防空作戦



第十篇 終戦の経緯

 第一章 鈴木内閣の成立

 第二章 対ソ工作の開始

 第三章 本土決戦国内態勢の整備

 第四章 六月八日の基本政策

 第五章 天皇の終戦御意図

 第六章 ポツダム宣言

 第七章 原子爆弾とソ連の参戦

 第八章 終戦の聖断−八月十日の御前会議

 第九章 終戦の聖断−八月十四日の御前会議



第十一篇 終戦

 第一章 停戦

 第二章 降伏

 第三章 対ソ方面部隊の終戦

 第四章 外地部隊の終戦

 第五章 占領下の日本



大東亜戦争重要史実一覧表
別冊・附図附表(附図11点、附表4点)


トップページ Copyright 2001-2008 Hara Shobo All Rights Reserved