図説メイドと執事の文化誌
ボタン 図説メイドと執事の文化誌
英国家事使用人たちの日常
シャーン・エヴァンズ
村上リコ訳

ISBN978-4-562-04855-7
A5判・320頁
定価4104円(本体価格3800円)
2012/9/25刊
本書のおもな内容
18世紀から19世紀の英国では、全労働人口のおよそ15パーセントが
家事使用人として働いていたという。
本書はヴィクトリア/エドワード朝時代の英国カントリーハウスで働く
メイドや執事を中心に、無名の人々の暮らしぶりを、残された手紙や日記、
帳簿、料理帳、ワインセラー帳、薬の調合ノート、
あるいは「使用人規則」など膨大な資料から読み解き、
「階下」の知られざる生活を今に示す。
ディケンズやクリスティ、ドイルの小説に描かれた背景世界に興味のある読者も、
マナーハウスやカントリーハウスのインテリアに関心のある読者も楽しめる一冊。

この本を買う ちょっと読んでみる

トップページ Copyright 2001-2014 Hara Shobo All Rights Reserved