極東国際軍事裁判審理要録 第4巻《明治百年史叢書第470巻》
ボタン 極東国際軍事裁判審理要録 第4巻《明治百年史叢書第470巻》
戦後史研究の欠落を埋める基本資料
東京裁判英文公判記録要訳
国士舘大学法学部比較法制研究所監修
松元直歳編・監訳、松元直歳・山本昌弘要訳

ISBN978-4-562-04896-0
B5判・850頁
定価37800円(本体価格35000円)
2016/3/31刊
本書のおもな内容
英語主導で進行した東京裁判の記録として正本ともいえる英文速記録の翻訳版。
1946年から1948年にかけて行われた「東京裁判」。
その審理過程における証言や朗読、裁定等の生の声を詳細に伝える第一次資料。
法廷で記録された英文速記録の主要部分を翻訳し、原本に無い「見出し」を付し、
時系列に編集、和文速記録との対応関係も表示。
裁判進行の過程と全体像を分かり易く伝え、東京裁判の本格的研究の第一歩を踏み出す
基礎資料とするものである。
【第4巻】
2 検察主張立証段階(承前)
  
   米・英・英連邦諸国関係(承前)

   対民間人・戦争捕虜残虐行為

   オランダ・オランダ領東インド・ポルトガル関係

   対民間人・戦争捕虜残虐行為(承前)

この本を買う

類書・関連書のご案内
04893-9
04894-6
04895-3
04897-7

トップページ Copyright 2001-2014 Hara Shobo All Rights Reserved