アガサ・レーズンの不運な原稿

英国ちいさな村の謎10

アガサ・レーズンの不運な原稿

アガサが苦しまぎれに描いた探偵小説が現実のものになり、大ピンチに!?

著者 M・C・ビートン
羽田 詩津子
ジャンル 文芸・ファンタジー・児童文学 > 海外文学
ミステリー > 海外ミステリー
シリーズ コージーブックス
出版年月日 2018/07/06
ISBN 9784562060825
判型・ページ数 文庫・392ページ
定価 本体940円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

英国で大人気のロングセラーシリーズ第10弾!

アガサが苦しまぎれに描いた探偵小説が現実のものになり、大ピンチに!?

アガサは愛しい人への未練を断ち切るため、やけくそで地図の上にピンを刺し、適当に引っ越し先を決めた。ところがそこは、とんでもなく閉鎖的な田舎の村だった。すぐに村人たちから、引っ越しの理由をあれこれ詮索されるはめに。「男に捨てられた可哀そうな女」と見られるのが嫌でアガサはつい、探偵小説を書くためにやってきたのだと見栄を張ってしまう。そして嘘にならないよう、どうにか村のお屋敷をモデルにして描きはじめた矢先、なんと彼女の描いた手口どおりに、お屋敷の主人が殺されてしまった! 退屈しのぎにやってきたチャールズとともにアガサは事件を調べ始めるものの、警察から最重要容疑者として目をつけられてしまい……!?

駆け出し時代の若きアガサを描いた短篇「アガサの初めての事件」を特別収録!

ご注文

940円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧