ビジュアルで見る 遺伝子・DNAのすべて

身近なトピックで学ぶ基礎構造から最先端研究まで

ビジュアルで見る 遺伝子・DNAのすべて

遺伝子DNAの基本構造から「iPS細胞」「エピジェネティクス」「遺伝子編集」まで最新の話題をクリアに解説した遺伝学の決定版!

著者 キャット・アーニー
長谷川 知子
桐谷 知未
ジャンル サイエンス・テクノロジー > 生物・自然・進化
サイエンス・テクノロジー > 医学
出版年月日 2018/06/21
ISBN 9784562055784
判型・ページ数 B5変・232ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

いま知りたい遺伝子の世界がここに!

遺伝子・DNAの基本構造から、「iPS細胞」「エピジェネティクス」「マイクロバイオーム」「クリスパー」「3Dプリンターによる移植用臓器印刷」まで、最新の話題を豊富な図版とトピックでわかりやすく解説した遺伝学の決定版!


【この本のポイント】

Point ①目からウロコのわかりやすいたとえ
 遺伝子は「料理のレシピ」と考えれば、じつはわかりやすかった!

Point②親しみやすいトピックス
 青い目の遺伝子があるって本当?
 ウイルスがヒトをつくった? 
 なぜゾウはがんにならないの?
 三毛猫の雄が少ないのはなぜ?  etc.

Point③人類の壮大な物語にワクワク
 人類誕生から現代人までどのように遺伝子が受け継がれてきたのか。時を超えた遺伝子の旅とともに「人間とは何か」という根源的な謎に迫る!

【著者】
キャット・アーニー
サイエンスコミュニケーター、作家、ハープ奏者など、さまざまな顔を持つ。BBCラジオ『ネイキッド・サイエンティスツ』の共同司会者、BBCラジオ5ライブ『サイエンス・ショー』の司会者も務める。“サイエンス”誌、“ガーディアン”紙、“ニュー・サイエンティスト”誌などに多数の記事やコラムを執筆。ケンブリッジ大学で自然科学の学位および発生生物学の博士号を取得

【監訳者】
長谷川知子
臨床遺伝専門医・小児専門医。ミュンスター大学人類遺伝学研究所助手、国立医療センター遺伝研究室研究員(小児科遺伝外来兼務)、静岡県立こども病院遺伝染色体科医長を経て、2003年にいでんサポート・コンサルテーションオフィスを開設。現在は聖隷浜松病院臨床遺伝部顧問の他、遺伝性疾患や発達障害の子どもたちと家族のサポートと相談にあたっている

【翻訳者】
桐谷知未
東京都出身。南イリノイ大学ジャーナリズム学科卒業。翻訳家



【本書 監訳者の言葉より】

遺伝は環境とあいまって人間のすべての営みに関わっている。そのため遺伝学の基本は、理系・文系の壁を越えて、ますます重要になるであろう。さらに、さまざまな体験を解釈するときにも、病気などの難題に対処するときにも、正しい遺伝学の知識は大いに役立つはずである。この本は、そこに目を向けるための足掛かりとして最良と考えている。

本文イメージ

はじめに

Chapter 1 あなたのゲノムと親しくなろう
Chapter 2 わたしたちの遺伝子の旅
Chapter 3 遺伝子はどんな働きをしている?
Chapter 4 ダメージの修復
Chapter 5 あなたは何者?
Chapter 6 ヒトはマメにあらず
Chapter 7 遺伝的スーパーヒーロー
Chapter 8 スイッチの入れかた
Chapter 9 遺伝子のふせん
Chapter 10 RNAの世界
Chapter 11 赤ちゃんができるまで
Chapter 12 脳の配線
Chapter 13 適合性を生み出す遺伝子
Chapter 14 XとY
Chapter 15 ヒトをつくったウイルス
Chapter 16 物事が悪い方向へ進んだら
Chapter 17 ヒト2.0

監訳者から……長谷川知子(臨床遺伝専門医)
索引

ご注文

2,800円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧