オリエント急行はお嬢さまの出番

英国少女探偵の事件簿 3

オリエント急行はお嬢さまの出番
著者 ロビン・スティーヴンス
吉野山 早苗
ジャンル 文芸・ファンタジー・児童文学 > 海外文学
ミステリー > 海外ミステリー
シリーズ コージーブックス
出版年月日 2018/03/07
ISBN 9784562060771
判型・ページ数 文庫・422ページ
定価 本体960円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

走る豪華ホテル――そんな夢のようなオリエント急行の旅に出ることになったヘイゼルとデイジー。たてつづけに殺人事件に巻き込まれた娘をトラブルから遠ざけるため、ヘイゼルの父は娘とその親友を夏のあいだ旅へ連れ出すことにしたのだ。唯一の約束は「二度と探偵ごっこをしないこと」。だが、それもまた殺人事件に出くわすまでのことだった。実業家の妻が鍵をかけた寝台で何者かに刺殺された。容疑者は乗客の七人。推理小説家、伯爵夫人、実業家、霊媒師、マジシャン、覆面捜査官、メイド――全員が容疑者で現場は密室、それに事件はユーゴスラヴィアで起こった! 何もかも、一年前に刊行されたアガサ・クリスティの小説『オリエント急行の殺人』にそっくり。ところが、車内で捜査権を握ることになったのは、たまたま乗り合わせた新米医師。アマチュア探偵としてかつぎだされた彼のお粗末な推理を聞くたび、ひそかに少女探偵たちの捜査は熱が帯びていく。子どもが首をつっこむことをよく思わない大人たちの目を盗み、問題集を解くふりをしては容疑者をリストアップ。そしてたどりついた犯人は……!?

ご注文

960円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2018.11.08 重版

『ヴィクトリア朝英国人の日常生活 上』重版出来

2018.10.29 PR

『悪態の科学』朝日新聞(10/27付)書評掲載

2018.10.01 PR

『「食」の図書館 トウモロコシの歴史』朝日新聞(9/30付)書評掲載

2018.10.01 PR

『中国の情報化戦争』日本経済新聞(9/29付)書評掲載

2018.09.11 重版

『地図で見るアメリカハンドブック』重版出来

2018.09.11 重版

『マッキンダーの地政学』重版出来

2018.08.16 PR

『日本の星名事典』読売新聞(8/16付)「顔」欄で掲載

2018.07.30 PR

『日本の星名事典』朝日新聞(7/28付)書評面「著者に会いたい」欄で掲載

2018.07.23 PR

『「食」の図書館 ジンの歴史』毎日新聞(7/22付)書評掲載

2018.07.17 PR

『新時代「戦争論」』日本経済新聞(7/14付)書評掲載

2018.07.13 イベント

『碆霊の如き祀るもの』刊行記念トークショー動画をYouTubeにアップしました

2018.07.13 PR

『碆霊の如き祀るもの』週刊新潮 2018年7月19日号付掲載

2018.07.13 PR

『碆霊の如き祀るもの』がTBS「王様のブランチ」で紹介されました

2018.07.09 PR

『中国の「一帯一路」構想の真相』日本経済新聞(7/7付)書評掲載

2018.06.28 PR

『日本の星名事典』日本経済新聞(6/28付)文化面 紹介記事掲載

2018.06.25 PR

『「食」の図書館 ニシンの歴史』朝日新聞(6/23付) 書評掲載

2018.06.13 NEWS

図書館部 twitterを開設しました。

2018.05.01 PR

『太陽系観光旅行読本』朝日新聞(4/28付) 書評掲載

2018.04.16 PR

『お寺はじめました』朝日新聞(4/14付) 書評掲載

2018.04.16 PR

『風味は不思議』日本経済新聞(4/14付) 書評掲載