女王エリザベスと寵臣ウォルター・ローリー 下

断頭台に消えた夢

女王エリザベスと寵臣ウォルター・ローリー 下

数奇な運命をたどった男の生涯

著者 ローズマリ・サトクリフ
山本 史郎
ジャンル 文芸・ファンタジー・児童文学 > 海外文学
世界史 > 西洋史
出版年月日 2007/11/22
ISBN 9784562041312
判型・ページ数 4-6・316ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

1600年前後のイギリスを舞台に、実在の人物をモデルとして描かれた歴史ロマンス。ザ・デイリー・テレグラフほか各誌絶賛!近衛隊の大尉ウォルターと女王の女官ベスは、偶然の出会いが重なり、やがて結婚する。夫は一生を通じて、新世界探検の夢を追い求め、妻は静かに理解して夫を支え続ける。しかし、政治や外交の問題、権力争いといった時代の厳しい波に翻弄される2人。結局、ウォルターはエル・ドラドの金を発見できず、反逆の罪をきせられて、断頭台の露と消えたが、最後まで妻ベスを心の拠り所として生き、妻もまた夫への愛を貫いたのだった・・・。

ご注文

1,600円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧