両性具有

ヨーロッパ文化のなかの「あいまいな存在」の歴史

両性具有

「理想の体現」か?「冒涜的存在」か?

著者 パトリック・グライユ
吉田 春美
ジャンル 世界史 > 文化史(世界)
出版年月日 2003/03/25
ISBN 9784562036295
判型・ページ数 4-6・246ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 絶版

この本に関するお問い合わせ・感想

文学、芸術、医学などさまざまな分野で強い関心をもたれた「半陰陽なるものたち」。17、18世紀という時代は、この存在をめぐってどのように揺れ動いてきたのか。当時の膨大な資料をひもときながら克明に描く薄明かりの中のヨーロッパ精神史。希少図版多数。

ご注文

2,500円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧