誰か死ぬのを手伝って

闘う障害者はなぜ安楽死を選んだのか

誰か死ぬのを手伝って

朝日新聞(2000.12.13)国際面で話題の本!ついに日本版登場。

著者 ジャン=マリ・ロラン
フレデリック・スモワ 協力
稲松 三千野
ジャンル 政治経済・社会問題 > ノンフィクション
出版年月日 2002/02/25
ISBN 9784562034819
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 絶版

この本に関するお問い合わせ・感想

10歳から車椅子生活を余儀なくされたジャン=マリ・ロランは、世界を旅し、会社を起こし、メディアで障害者の権利を訴え、51歳でその生涯を終えた。インターネットで募集した医師の手を借りた安楽死だった。「お祭り騒ぎと女性を愛する」と率直に語り、成功を目指して激しく生きた彼が、死を目前に遺した衝撃の自伝。

ご注文

1,800円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧